2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'09.20 (Sat)

バス

主な交通手段が車のロサンゼルスでもバスが運行されている。
ロサンゼルスで一度もバスに乗った事がない私。

生まれも育ちもロサンゼルスのダーリンでさえ
スクールバス以外のバスに乗った事がないそうだ。
(私の周りのアメリカ人もダーリン同様。)

私の初アメリカ・バス体験は、先日旅行で行ったラスベガス
メイン・ストリート「ストリップ」を走る2階建てバス「Deuce」。

0695.jpg

24時間運行されていて、旅行者の足として大活躍。
私達も移動には主に「Deuce」を利用。

このバスで気が付いた不思議な現象・・・。

何故か前(入り口付近)に固まるアメリカ人。

日本同様、前から乗り、後ろから降りる、このバス。
「わぁ、混んでる!」と思いきや、後部はガラ空き。
しかも2階に空いてる座席が沢山あるのに。


次のバス停で降りるから・・というなら分かる。
が、そうでない人が殆ど。

バス停で止まる度、入り口付近に陣取る人々。

その度に運転手が「後ろに詰めて!」と注意。

何故なのか、さっぱり分からない。

アメリカ人はバスに慣れていないようだ。
それとも、日本人が日本の混雑した
電車やバスで慣れすぎているのか?

スポンサーサイト
Edit |  12:59 |  生活 : 人々  |  TB(0)  |  CM(8)   このページの上へ

2006'08.06 (Sun)

薬物依存症

先日、ロサンゼルスでスピード違反/飲酒で捕まり
アルコール依存症 が発覚した俳優 メル・ギブソン

0156.jpg

薬物依存症治療施設 を訪れたとか、訪れないとか?

アルコール依存症と言えば、ニコラス・ケイジ
Leaving Las Vegas」(1995)という映画
アルコール依存症の役を演じ、アカデミー賞を受賞

0052.jpg 0155.jpg


ある日の新聞記事によると、
薬物依存症治療施設を訪れる患者の割合は、
アルコール依存症が圧倒的に多いらしい。

2004年にアルコール依存症治療で施設を訪れた患者の数は
1,900,000人との事。

<薬物依存症治療施設を訪れる理由>
アルコール
1994年:53%
2004年:40%

マリファナ
1994年:9%
2004年:16%

コカイン
1994年:18%
2004年:14%

ヘロイン
1994年:13%
2004年:14%

覚醒剤
1994年:3%
2004年:7%

その他
1994年:1%
2004年:3%

かなり増えているのがマリファナ覚醒剤
他の薬物と比べて容易に依存症になるからとか。

アラスカ、カリフォルニア、アイダホ、ネバタ、オクラハマ、ユタでは、
覚醒剤依存症治療で施設を訪れる患者の割合が全体の20%との事。

なんとハワイでは、マリファナ依存症治療
施設を訪れる患者の割合が全体の41%

州により薬物依存症の傾向が違うようである。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  03:31 |  生活 : 人々  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2006'04.17 (Mon)

肥満問題

アメリカでは肥満問題が深刻化している。

以前「肥満」という記事にも書いたが、
太っている人、太り気味の人が多い。

全米紙「USA TODAY」の記事によると、
成人の2/3(3分の2)(約136,000,000人)が肥満、又は肥満予備軍。
子供の1/3(3分の1)(約25,000,000人)が肥満、又は肥満予備軍。

中でも子供の肥満問題は深刻な社会問題になっている。
肥満、又は肥満予備軍の子供が増え続けているのだ。

■2歳~19歳の肥満率
2000年 : 28.2%
2004年 : 33.6%

2型糖尿病、心臓病、癌などの病気も心配されている。
現実に2型糖尿病の子供の数は既に過去最高との事。

今年8月からイリノイ州では全ての小中学校でのジャンクフード
(ポテトチップスなど)やコーラなどの販売を全面禁止するそうだ。

又、記事によると肥満の率は人種によっても差があるようだ。

■成人の肥満率
白人 : 30.6%
黒人 : 45%
メキシコ人 : 36.8%

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  02:32 |  生活 : 人々  |  TB(0)  |  CM(10)   このページの上へ

2006'03.21 (Tue)

賛否両論

ロサンゼルスの「スタバ で偽名を使う日本人。
(「偽名」参照。)

他の場所でも堂々と偽名を使っている日本人発見!

新しい職場である。
(「就職活動 (Vol. 2) 」参照。)

私の居るフロアーは日本人が多い。
(「ここはどこ?!」参照。)

アメリカ人に電話を掛ける時、アメリカ名を名乗る日本人軍団。

各デスクの横に置かれているネームプレート。
そこにもしっかりアメリカ名が・・・。

更に名刺にもしっかりアメリカ名・・・。

だいたい日本名の最初の音を取ったり、
近い音のアメリカ名を選んでいるようだ。
例えば「Atsushi」だったら、「Art」とか
「Masahiro」だったら「Mike」という感じで。

日本人同士で話す時は苗字で「~さん」と呼び、
1人でもアメリカ人が入るとアメリカ名が登場。

非常にややこしい。
どうせならアメリカ名で統一してほしいものだ。

ちなみにスタバでは偽名だが会社では本名のままの私。
アメリカ名なんかで呼ばれたくないのが本心。
だって私は日本人!

他の国の人には覚えづらいし発音しづらいだろうが、
その名前しかないと思えば、彼らは覚えてくれるのだ。

本名かアメリカ名使用かは大した問題ではないが、
私の周りでは賛否両論である。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  13:38 |  生活 : 人々  |  TB(0)  |  CM(15)   このページの上へ

2006'03.18 (Sat)

無謀

ダーリンと人気のディスカウントストア「Wal-Mart」に買い物へ。

スーパーでも見かけるが、セルフチェックアウトというシステムが存在する。

「商品のバーコードをスキャン」「支払い」「袋詰め」まで
全部自分自身で行うセルフサービスである。

(「商品10点未満」のように制限が設けられている場合もある。)

通常セルフチェックアウトの側には監視する店員がいる。
監視用コンピューター には客がスキャンした商品が表示されるようだ。

2,3の商品をを購入するのに長蛇の列は避けたい。
(「長蛇の列」参照。)
セルフチェックアウトに並んだ私達。

私達の前に並んでいたのはメキシコ人家族。
お母さん、ティーンエイジャーの娘と息子の3人。
買い物カートにはかなりの商品が・・・。

「今日もまたかなり待たされるのか・・・
と思いきや、流れ作業的に随分と手馴れたご様子。

娘 :買い物カートから母に商品手渡し。
母 :商品のバーコードをスキャン。
息子:母から渡された商品を袋詰め。

まもなく「支払い」という所で監視していた店員がやってきた。

おもむろに袋の中の物を取り出す。

なんと、衣類が全て2枚重ね。
つまり1着の値段で2着袋に入っていたのだ。

さらに靴下のバーコードのシールに細工。
高い値段の本来のバーコードシールの上に
別の安い靴下のバーコードシールを貼ってたのだ。

「これはなんだ?!」という店員に、
「I don't know.」「No English!」などと言いとぼける母親。
黙って様子を見つめる娘と息子。

後からよく考えたら、私達(後ろに並んでいる人達)から見えないように娘が、
監視の店員から見えないように息子が立っていた。
しかもアメリカではあり得ない程の早いスピードで袋詰めまで完了。

でも・・・
お店を出る時に購入した商品とレシートのチェックがある。
(「レシート」参照。)
それを知っていてこの計画を実行したのか、知らずに実行したのか・・?!

いずれにしても無謀過ぎる!

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  13:34 |  生活 : 人々  |  TB(0)  |  CM(18)   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。