2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'07.26 (Sun)

日系人の記念碑

ダーリンと「リトル東京」に行ったついでに、久しぶりに
第二次世界大戦中に「Go For Broke!(当たって砕けろ!)」を
合言葉に活躍した日系人部隊の記念碑に立ち寄りました。
(日系人部隊については「Go For Broke!」の記事へ。)

1139.jpg

記念碑の側面には日系人部隊の兵士として戦った
2世達の名前が数え切れないほど彫られている。

当然、苗字は日本名・・・眺めていたら悲しくなった。

1140.jpg

こちら↓は、名前を忘れましたが(汗)、リトル東京の
メインストリートから、記念碑に行く途中にあるお寺。

1141.jpg


リトル東京の記念碑と言えば、エリソン・オニズカさんの記念碑も。
日系アメリカ人初のNASAの宇宙飛行士でハワイ出身の日系3世。

1142.jpg 1143.jpg

1985年にスペースシャトル「ディスカバリー号」で初飛行。
1986年、搭乗した「チェレンジャー号」の爆発事故で命を落としてしました。

リトル東京には、彼を偲んで名づけられた「オニズカ・ストリート」という道もある。

1144.jpg

ぽちっと応援クリック頂けるとブログを続けるパワーに♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  02:17 |  日系アメリカ人  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'06.07 (Sun)

木製のカメラ

リトル東京のシンボルである「火の見櫓」は知っていても
以外と知られていない手前に映っている木の箱

1026.jpg

実は実際の約3倍の大きさに造られた木製のカメラのレプリカである。

1027.jpg

持ち主は1909年に香川県からアメリカに移住した
写真家の宮武東洋(ミヤタケ トウヨウ)という日本人。

1028.jpg

ロサンゼルスに住む日系人(特に2世、3世)で
おそらく彼の名前を知らない人はいないであろう。

第二次世界大戦下、強制収容所に送られた宮武東洋。
彼はカメラのレンズをこっそり収容所に持ち込み
同じく収容されていた大工に木でボディーを作成してもらい
手製のカメラを完成させ、収容所の様子を撮影したのだ。


当事撮影された写真を基にしたドキュメンタリー映画
Toyo's Camera(東洋宮武が覗いた時代)」も公開されている。


↑映画の予告

又、6月28日まで「川崎市市民ミュージアム」で
「写真家・宮武東洋」展も開かれているらしい。


↑こちらのニュースで詳しく語られています。ぜひ見てください!

日本ではあまり知られていないアメリカの日系人社会。
1人でも多くの人に見てもらいたい映画の1つ。

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
Edit |  02:42 |  日系アメリカ人  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2009'04.26 (Sun)

おふくろの味

ダーリンの祖父母は船に乗って日本から
遥か遠い未知の国、アメリカにやってきた。


日本人のご両親を持つお義母さんが
子供の頃によく食べていたという和食の1つ。

0806.jpg

お義母さんがまだ幼い頃、農場で働いていたご両親。
その農場でその時に取れた野菜を使って
酒、みりん、醤油、砂糖で煮たおかず。


当事は貧しくてお肉が買えず、野菜のみの事が多かったらしいが
お義母さんにとって「おふくろの味」なのだそう。

ダーリンもこのおかずが大好きなので
我が家でも豆腐を加えたりして時々作っている。

0807.jpg

「おふくろの味」がお義母さん、そしてダーリンへと受け継がれている!

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  11:31 |  日系アメリカ人  |  TB(0)  |  CM(6)   このページの上へ

2008'12.17 (Wed)

Go For Broke!(当たって砕けろ!)

Go For Broke!(当たって砕けろ!)」をモットーに
第2次世界大戦時に活躍したアメリカの歴史に残る英雄達。

大統領から直接授与される米国軍人に送られる最高位である
名誉勲章を全米軍部隊歴史上最多数の18,143個を授与した
日系人のみで構成された部隊、第442連隊

1941年、日本軍の真珠湾奇襲攻撃により
強制収容所生活を余儀なくされた家族を救う為

多くの日系2世達がアメリカへの忠誠の証として
軍隊に志願してアメリカのために戦う道を選んだのだ。
ハワイでは定員の10倍近くにに及ぶ日系人が志願したという。


0773.jpg

442連隊の先駆けとなったハワイ出身の日系人部隊である
第100歩兵大隊は訓練開始と同時に驚異的な記録をあげ続けた。

陸軍の銃機関銃の組み立ての平均所要時間が16秒のところ
彼らが残した平均記録は、なんと5秒。
重機関銃分隊の行進では普通1時間4キロペースのところ、
彼らは1時間5・3キロのペースで8時間歩き続けたという。

0772.jpg

あらゆる面で米軍エリート部隊顔負けの成績を残し
トップクラスの実力を示したのである。


そして歴史的激戦と言われているヨーロッパ戦線モンテ・カッシーノ
ノルマンディーなどで前線に立ち頭角を現していった。


負傷率 97%、死亡率50%という尋常ではない大損害を出しながらも
彼らは尚も進撃を主張し、前線から離れようとしなかった。
負傷者達も直ぐに病院を抜け出し、原隊へと復帰していったという。

それを見かねた上層部が休養を勧めると、彼らは言った。

↓続きを読みたい方は下記をクリック。
Edit |  18:38 |  日系アメリカ人  |  TB(0)  |  CM(8)   このページの上へ

2008'12.07 (Sun)

1941年12月7日

全米最大の日系人コミュニティのイベント「2世ウィーク」。
現在も続いているイベントだが、1942年から数年開催されていない。
その背景には日本からの移民(日系1世)その子供達(日系2世)
悲しい日系人社会の歴史があるのだ・・・。

日本からハワイへの移民が始まったのは19世紀末。
主にサトウキビやパイナップル畑の労働者としてだった。

期待に胸を膨らませ渡米した彼らを待ち受けていたのは
暮らしていくのがやっとの貧しい暮らし・・・そして差別と偏見。

0764.jpg
↑1916年、ハワイ(天皇誕生日を祝う日本人)

それでも彼らは子供達には苦労をさせたくないと
一生懸命に働き、子供達が成人を迎える頃には
アメリカにおける日系人社会はかなり大きな物となっていた。

0763.jpg
↑1920年

しかし、1940年になると日本がアメリカを
攻撃してくるという報道が連日のように流れ
日系人達はいわれの無い非難を受ける事となったのだ。


そんな中、彼らの歴史を変える出来事が・・・

↓続きを読みたい方は下記をクリック。
Edit |  10:12 |  日系アメリカ人  |  TB(0)  |  CM(3)   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。