2009年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'06.30 (Tue)

エルプエブロ州立史跡公園 (Vol. 3)

---「エルプエブロ州立史跡公園(Vol. 2)」の続き---

1781年にメキシコから11家族(44名)が移り住み
ロサンゼルス発祥の地となった「オルベラ街」は
19世紀までスペイン様式の建物などが立ち並び
街の中心として栄えていました。
(当事カリフォルニアはスペイン領土。1821年~1846年は
スペインから独立したメキシコ領土でした。)


1870年に建てられたロサンゼルス最古のホテルPico House」。
ロサンゼルスで最古の3階建ての建築物でもあり、又、各フロアーに
男性、女性用の水洗トイレを備えた最初のホテル
でもあるそう。

1066.jpg
↑1880年代の同ホテルの写真がこちら。馬車がとても似合う!

当事は南カリフォルニアで最高級のホテルだったとか。
こちら↓が入り口。1階にはフレンチレストランがあったらしい。
現在このホテルは使われておらず、中にも入れず、残念。

1067.jpg 1068.jpg

1870年に建てられた「Merced Theater」と呼ばれている劇場
上記のホテルと同じ建築家によるデザイン。
下記↓は入り口付近に張られた栄えていた頃の写真。
繁華街のビルが立ち並ぶ間を路面電車が走っていたのですね・・・。

1069.jpg

1871年から1876年にかけて公演があったそうです。
最初の公演料は50セント~1ドルだったとか。

1070.jpg 1071.jpg

1858年に建てられた「Masonic Hall」。
世界中に組織されている友愛団体「フリーメーソン」の42番目の
ロッジ(支部)で、後に宿初施設や質屋として利用されていたらしい。

1072.jpg

1890年に建てられた「Garnier Building」。
当事この辺りはチャイナタウン。その後、近隣に移動(というか、追いやられた?)。

1073.jpg

当初、家賃は月200ドルで、主要な中国系アメリカ企業が借りたり
教会、学校として使用されていたそうです。(現在は博物館)

---「エルプエブロ州立史跡公園(Vol. 4)」へ続く---

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  02:03 |  趣味/遊び/その他  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'06.29 (Mon)

激安ワイン(Vol. 2)

人気グルメ・スーパーマーケット「Trader Joe's」の有名なワイン
Two-Buck Chuck」を愛飲している私ですが
ディスカウントストア「Wal-Mart」でも激安ワインを発見!

0949.jpg

$1.97(約200円)!!!

私が購入したメルロー以外にも白ワインも含め何種類かある。
やっぱり「Two-Buck Chuck」派の私ですが、料理に使ったりしている。

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  09:09 |  製品:食べ物/飲み物  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'06.28 (Sun)

エルプエブロ州立史跡公園 (Vol. 2)

---「エルプエブロ州立史跡公園(Vol. 1)」の続き---

メキシコの雰囲気が漂うロサンゼルス発祥の地「オルベラ街」に来たら
屋台(ファーストフード)やレストランでメキシコ料理を堪能するのも楽しい。

1054.jpg 1057.jpg
↑人気のレストラン2店舗。両店舗ともテラスが人気みたい。

オルベラ街で最古のレストラン「La Golondrina Cafe」。
ちょうどランチタイムだった事もあるけれど、席を待つ人で溢れていました。

1055.jpg

この建物が建てられたのは1855年~1857年
現在レストランの部分は、当事は地下だったそう。
徐々に地上が下がった?ちょっと怖い・・・。

もう1つの「El Paseo Inn」も1930年創業の老舗レストラン
こちらもランチやディナータイムは待つ事を覚悟した方が良さそう。
どちらのレストランも時間がない方は予約をした方がいいかも。

1056.jpg

私達はブランチを済ました後だったので、ランチはパスだったけれど
ガイドさんは「La Golondrina Cafe」がオススメと言っていました。


オルベラ街にはロサンゼルスに現存する最古の家で
1818年に建てられた「Avila Adobe(アビラ・アドービ)」

無料で公開されているので、立ち寄りました。

1058.jpg

1840年代のカリフォルニアがアメリカ領土になる前の
カリフォルニアのライフスタイルを垣間見る事が出来る。


1059.jpg

キッチン。ここで料理を作っていたんですね・・・。
当事の様子がリアルに伝わってきて不思議な感覚。
1060.jpg 1061.jpg

ダイニングルームとベットルーム。
先日訪れた「ドミンゲス・ランチョ・アドービ」でも感じたけれど
ベットが以外に小さい。足が出てしまいそうな・・・。
1062.jpg 1063.jpg

砂漠に生える植物と18~19世紀に使われていたカートのレプリカ。
11家族がメキシコから移り住んだ時は、辺りは何もない砂漠/荒野地帯。
こんな↓植物で埋め尽くされていたのでしょうね・・・。
1065.jpg 1064.jpg

---「エルプエブロ州立史跡公園(Vol. 3)」へ続く---

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  09:06 |  趣味/遊び/その他  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2009'06.27 (Sat)

ヨーグルトケーキ

海老ピラフ」で炊飯器の活用法(?)を学んだ私ですが
他にも色々と炊飯器の活用法があるのだ!

期限切れ間近のホットケーキミックスヨーグルトの使い道を
考えている時に見つけた炊飯器で作る「ヨーグルトケーキ」。

0871.jpg

ホットケーキミックス、卵、ヨーグルト、砂糖を混ぜたら
炊飯器のスイッチをポンと押すだけ。


0872.jpg

本来プレーンヨーグルトを使うのだけど
家にあったのはブルーベリーヨーグルト。
かなり色合いが微妙になってしまったけど
しっとり、モチモチで美味しい!

今回の「ヨーグルトケーキ」のレシピのリンク。
その他のレシピは「レシピ一覧」へ。

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  03:53 |  グルメ : 手料理  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2009'06.26 (Fri)

エルプエブロ州立史跡公園 (Vol. 1)

渡米当初に1度訪れたきりだった「ロサンゼルス発祥の地」へ。

1049.jpg

今では世界的な大都市、ロサンゼルスの始まりは1781年
現在ダウンタウンの「Olvera Steet(オルベラ街)」と呼ばれているエリアに
11家族(44名)がメキシコから移り住んだのが始り。


1050.jpg
↑オルベラ街に建てられた碑にロサンゼルスという地名の
由来となった当事の地名が刻まれている。


当事スペイン領だったカリフォルニアとメキシコ。
移り住んだのはスペイン人かメキシコ人だと思いきや
黒人、インディアン、混血など人種は様々だったそう。
しかも上は67歳の男性、下は1歳の幼児。


1051.jpg
↑「オルベラ街」に並ぶメキシコの民芸品屋。

この11家族を集めるのに2年の歳月を要したとか。
何もない砂漠地帯に誰も移り住みたくなかったのでしょうかね。

メキシコからの11家族は6ヶ月以上掛かって現在の
「オルベラ街」に辿り着き集落を作り、繁栄していきました。

1053.jpg
↑確か民芸品屋の後ろの絵が描かれているビルも歴史的建築物。

彼らはこの地を「El Pueblo de Nuestra Senora la Reina de
Los Angeles de Porciuncula(日本語では「天使の女王の村」)
」と呼び
現在の「Los Angeles(ロサンゼルス)」の由来となっている。

1052.jpg
↑ふと見上げると歴史を感じさせるビルが・・・。
1903~1904年に建てられたロサンゼルスでもっとも大きい変電所だったらしい。

オルベラ街近辺は現在「El Pueblo de Los Angeles Histrical Monument
(エルプエブロ州立史跡公園)
」として歴史的建築物の数々が保存されています。

今回は無料のガイドツアーに参加したダーリンと私。
知らなかった事も沢山あったし、歴史的背景を聞きながらだと
また違った視点から眺められるのでオススメです!

---「エルプエブロ州立史跡公園(Vol. 2)」へ続く---

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  11:21 |  趣味/遊び/その他  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。