2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'08.06 (Sun)

薬物依存症

先日、ロサンゼルスでスピード違反/飲酒で捕まり
アルコール依存症 が発覚した俳優 メル・ギブソン

0156.jpg

薬物依存症治療施設 を訪れたとか、訪れないとか?

アルコール依存症と言えば、ニコラス・ケイジ
Leaving Las Vegas」(1995)という映画
アルコール依存症の役を演じ、アカデミー賞を受賞

0052.jpg 0155.jpg


ある日の新聞記事によると、
薬物依存症治療施設を訪れる患者の割合は、
アルコール依存症が圧倒的に多いらしい。

2004年にアルコール依存症治療で施設を訪れた患者の数は
1,900,000人との事。

<薬物依存症治療施設を訪れる理由>
アルコール
1994年:53%
2004年:40%

マリファナ
1994年:9%
2004年:16%

コカイン
1994年:18%
2004年:14%

ヘロイン
1994年:13%
2004年:14%

覚醒剤
1994年:3%
2004年:7%

その他
1994年:1%
2004年:3%

かなり増えているのがマリファナ覚醒剤
他の薬物と比べて容易に依存症になるからとか。

アラスカ、カリフォルニア、アイダホ、ネバタ、オクラハマ、ユタでは、
覚醒剤依存症治療で施設を訪れる患者の割合が全体の20%との事。

なんとハワイでは、マリファナ依存症治療
施設を訪れる患者の割合が全体の41%

州により薬物依存症の傾向が違うようである。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  03:31 |  生活 : 人々  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

v-497移民国家・アメリカでは、経済的な理由により複数の仕事を持ってv-280長時間v-281働かなければならない人が多いんじゃあないかな?v-399
睡眠時間を削っても働かなければならない人がi-196睡魔と闘うために v-74methamphetamine に手を出すことが増えているのではないでしょうか。

機械の操作や自動車の運転など身の安全にかかわってくる職種だと、どうしても眠気を覚まして集中力を保つためにこのような薬物に依存してしまう人が多いのではないかと想像します。

長時間にわたって緊張状態を強いられる戦場での活動にこの薬物は需要があるように思えます。
(実際、密かに使用している兵士もいるんじゃあないかな?)
この先イラクから戻ったアメリカ軍将兵に薬物依存の症状が出る人が増えるように思えます。v-12
加州丸 | 2006年08月07日(月) 23:06 | URL | コメント編集

●加州丸さんへ

確かに覚せい剤等は、第二次世界大戦中、特攻隊の出撃時や軍事工場での労働効率をあげるために使用されていましたからね・・・今もそういった理由が原因かもしれませんね。先日、メル・ギブソン主演の「We were soldiers」というベトナム戦争映画を観たのですが、薬物にでも頼らなければとてもやってられない極度の緊張状態がヒシヒシと伝わってきて、考えさせられました。
Akiko in L.A. | 2006年08月08日(火) 11:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。