2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'03.16 (Fri)

Tam O'Shanter Inn

先週末、ダーリンの家族とディナーへ。
だいたい1ヶ月に1度は普段は行かないようなレストランへ
招待してくれるダーリンのご両親。

今回は日本 にもチェーン展開している
プライムリブステーキで有名な「Lawry's」が経営する
レストランの1つ「Tam O'Shanter Inn」。

Lawry'sは「アメリカ料理(Vol. 2)」でも登場しているが、
スパイス類を幅広く販売している事でも名が知れてる。

この「Tam O'Shanter Inn」がレストラン経営に乗り出したのは1922年。
同じ場所で、同じファミリーにより運営されている
ロサンゼルスでもっとも古いレストランだとか。

0232.jpg 0234.jpg

内装はわざとなのか、建物が古くなってきたからなのか、
一昔前のアメリカ・・・というか中世ヨーロッパ風。(?)
以前住んでいたロンドンのパブを思い出さずには居られなかった私。
(あ~、懐かしすぎる・・ブリテッシュパブ!)
ウェイター、ウェイトレスも中世ヨーロッパ風の制服
何か微妙・・・でも雰囲気とピッタリ。
観光客 にもオススメ。
旅行の思い出の1つになるかも。

0233.jpg

このレストランの1番人気は「Lawry's」が経営しているから
やっぱり「プライムリブ」。

0235.jpg

プライムリブが苦手な私は「フィレステーキ」をオーダー。
サラダとパンが付いて確か$28前後。
ステーキはブルーチーズベアネーズソースか選択可能。
両方とも初体験だった私はベアネーズソースにチャレンジ。

bearnaise sauce/ベアネーズソース
フランス料理
卵黄を湯せんにかけながらバターを加えタラゴン、
ワインビネガーシャロットを煮詰めて漉した汁を加えたソース。


白くてクリーミー。ちょっぴりヘビーでコクのあるソース。
とっても美味しかった!

客層は95%が白人。残りがアジア系という感じ。
普段、日本人・日系人・アジア系が多く住むエリアに住んでいる為、
珍しく「異国に居るんだな・・」という感じ。
(普段、アメリカに住んでいる事を本当に忘れている私です。)

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  12:01 |  グルメ : 外食  |  TB(0)  |  CM(6)   このページの上へ

Comment

●ここはイギリス?

確かに、赤電話BOXもあるし、。建物も古~いイギリスの田舎風だよね。(笑)しかし、このステーキ巨大・・・に、見える。(笑)やはりイギリスに増して、アメリカのポーションサイズは大きいのね~。納得!そうか~、やはり東洋人エリアに住んでるとそんな錯覚もあるんだね。(笑)日本の食材が当然の様に手にはいるとは羨ましい限りだわ~。
Yumi | 2007年03月17日(土) 19:39 | URL | コメント編集

お久しぶりですvのぞきには来てたんだけど、コメントせずに読み逃げでした。(汗)
それにしても、あ~、美味しそう♪
このお店行ってみたいです!
お店の古い感じが最高に良い雰囲気ですね♪
私もプライムリブは苦手で、フィレ派ですv
食べてみたいな~☆

それと↓見たよ~。
でも・・・感想は難しいわ。
個人的には好きじゃなかったです。
でもネットで見ても評判悪いのに、アカデミー賞で6部門もノミネートされてたなんてびっくりでしたよ~。(汗)
たえ | 2007年03月20日(火) 00:17 | URL | コメント編集

●Yumiへ

ね、イギリス風でしょ?フィッシュ&チップスとかヨークシャープディング(だっけ?)もメニューにあったからイギリスを意識しているのかもね。アメリカでは初めてイギリス風にお目にかかったって感じで、やや感動だったわ。
そうね、量は多いです。(汗)でもね、渡米当時は完食出来なかった物が今では完食出来てしまう自分が怖いです。(笑)
Akiko | 2007年03月20日(火) 11:02 | URL | コメント編集

●たえさんへ

お久しぶりです♪
機会があったら、ぜひ立ち寄って見て下さいね~!歴史があるし、何といっても雰囲気が妙に落ち着いていたいい感じでしたよ~!一昔前にタイムトリップしたような感じで、店内を見ているだけで楽しめました。

↓見ましたか。(笑)この映画はきっと好き嫌いが分かれるかもしれないですね~。あまり期待しすぎると裏切られちゃう感じかも。(笑)ストーリーのコンセプト(国境を離れて、繋がっている・・という部分)は、面白いと思うんですけどね。う~ん。(笑)
Akiko | 2007年03月20日(火) 11:22 | URL | コメント編集

●空の青さだけは・・・・・。

建物も公衆電話ボックスもv-501風ですね。
でも画像を拝見するに、(そう思って見るためか?)空の青さだけは南カリフォルニアの明るさに見えてしまいます。v-11

>だいたい1ヶ月に1度は普段は行かないようなレストランへ招待してくれるダーリンのご両親。

優しい義父母さまですね。
さぞ息子の嫁が可愛いのと違いますか?v-10
v-157同居しましょうよ!v-156って言われたらどうします・・・・・Akikoさんv-361v-12
v-433 or v-431

アメリカ、特に西部は歴史が浅いためかヨーロッパの古き伝統みたいなものに一種の憧れを感じるのでしょうね。

>客層は95%が白人。残りがアジア系という感じ。

所得v-61による格差なのかな・・・?
単にカリフォルニアの人種構成比で考えると明らかにバイアスしてますよね。v-405
加州丸 | 2007年04月13日(金) 22:57 | URL | コメント編集

●加州丸さんへ

お久しぶりです!お元気でしたか?コメントが暫くなかったので、とうとう私のブログも飽きられた・・・(涙)と思っていました。コメント、ありがとうございました!

確かにアメリカは歴史が浅いですし、ヨーロッパのような歴史を感じる街並み等、あまりないですね。一種の憧れみたいのがあるように思います。

プライベートを大事にするアメリカ人ですので、同居を望まれる事はまず100%ないでしょうけど、聞かれたらv-433ですね。旦那さんの家族・親戚は今まで出会った事がない!というくらい温かい人達なんですよね・・・。私もそういう人になりたい!と常々思いますよ。

そうですね、貧富の差が激しい国ですからね・・・。日本とは大きな違いを感じます。
Akiko | 2007年04月14日(土) 11:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。