2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'06.02 (Sat)

新卒者の就職事情(2007年)

アメリカは卒業シーズン。
(一般的に9月から翌年5月までが1学年。)

ある日の新聞記事によると
約60%の企業が昨年よりも
20%多くの新卒者を雇う予定と回答。


今年の新卒者雇用状況は熱い
過去数年間でベストらしい。

初任給も大幅にアップ。
29専攻中、26専攻がアップ。


<専攻別の平均初任給(前年比)>
Economics/Finance:$50,663(12.4%アップ)
Marketing:$41,285(10.3%アップ)
Business Administration:$44,048(7.5%アップ)
Engineering
- Mechanical:$54,695-$56,382(5.7%アップ)
- Chemical:$59,707(5.6%アップ)

ちなみに前年と比べ初任給が下がった数少ない専攻は
Nursing、Agricultural science、Political science。

どの企業も少しでも優秀な人材を
確保しようとかなり奮闘しているようである。

契約が成立したらプレゼント贈呈だとか
接待も過去に比べかなり多いらしい


ある企業は契約金として
フラットスクリーンTVをプレゼント。

又、ある企業はキャリアエクスポを開催し、
その場でポジションをオファー

羨ましい限りである。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  09:09 |  仕事  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

すごい!なんで?
アメリカも不景気なんじゃないの??
そもそもアメリカと日本じゃ根本的な考え方が違うのかな・・・?

日本でも、今はずっと就職率悪いみたいですが、昔は懸賞付きで募集していた時代もあったみたいですもんね~。うちの義兄あたりの時はそうだったらしいです。
なんかほんまに羨ましい話ですね~・・・。(涙)
たえ | 2007年06月08日(金) 23:05 | URL | コメント編集

●たえさんへ

私も不景気だと思っていたので、新聞でこの記事を読んだ時、「えっ?何で?」って感じでした。(笑)普段生活していて、とても景気いいようには思えないし。(笑)でも、新卒といっても、どの大学でもってわけじゃないですよね・・・きっと。それにしても初任給であんなに貰えるなんて、うらやましー!!!
Akiko | 2007年06月10日(日) 04:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。