2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'01.25 (Fri)

モイスチャライジング・ローション

一般的に人が快適に過ごせる湿度は40~60%と言われている。
良く知られている事だが、ロサンゼルスは年中湿度が低い。

日本の湿度の年間平均が60~70%に対し
ロサンゼルスは夏の暑い日でも湿度は30~40%。
蒸し暑い日本の夏に比べ、非常に過ごし易い。

だが、ロサンゼルスの冬の湿度の低さは恐ろしい・・・。
普通でも湿度が低いのに、暖房を使うと更に低くなる・・・。
(年中暖かいイメージですが、ロサンゼルスでも冬場は暖房を使います。)
分かっていたのに何の乾燥対策もしていなかった自分。

自業自得ですが、昨年12月、痛い目に遭いました。

突然、全身に赤く痒みのある発疹がっ!

夜、布団に入り体が温まると痒みを増し、良く眠れない日々・・・。

アメリカで初めて皮膚科へ。

原因は「乾燥による湿疹」との事。

処方してもらった塗り薬の後に、ドクターからのアドバイスで
全身にモイスチャライジング・ローションをたっぷりと。

ドクターに言われた通り、1~2週間で治ったけれど、
今ではシャワーの後、モイスチャライジング・ローションは欠かせない。

色々なモイスチャライジング・ローションを試してみた。

今の所、お気に入りは「Lubriderm」。
皮膚科医が開発した商品で、他の多くのローションがベタつくのだが
このローションは「Non-greasy feel (ベタつかないタイプ)」。

0505.jpg

ただ、塗った時、きちんと伸ばさないと、肌に白く残るのが難点。
朝の忙しい時は、必死。(爆)

もう1つ皮膚科医が開発したベタつかないタイプの「Cetaphil」。
まだ試していないが、興味あり。

0506.jpg

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  20:18 |  製品:その他  |  TB(0)  |  CM(8)   このページの上へ

Comment

AKIKOさん、こんにちは。
本当にLAの湿度は、恐ろしいですよね。
今、部屋の温度は20度ありましたが、湿度が低いせいか、寒いと感じてしまいます。

全身に湿疹とは、それもかゆみがあるなんて、辛かったですね。
特に寝れないのは、辛すぎる。

私も最近、同じような肌のトラブルがあったんです。
ドクターに勧められたのは、AMLACTINという皮膚科医お勧めNO1と書いてある
モイスチャライジング・ローションでした。
これは、つけた時、掻いてしまった湿疹などにはちょっとピリピリしますが、
かゆみがある時には、かゆみが押さえられて、それがよかったです。
白くもならないし、そこまでべとつきませんよ。






kapacyan | 2008年01月27日(日) 04:21 | URL | コメント編集

●乾燥は皮膚の大敵!?

人間の体の中で一番大きな臓器なんていわれる皮膚だから、気を配らないと駄目よね。もともとアトピー持ちだったので気にはしていたんだけど、私もイギリスの超硬水で似たような症状が出た事があるから辛さは良く分かるわ~。特に冬に乾燥が激しくなるので、ヴァセリンのモイスチャライザーの大きなボトルを常備して、シャワーから出た直後に惜しみなく使ってるよ。お陰でその後は症状が出なくなったの。お互い気をつけようね~!
Yumi | 2008年01月28日(月) 08:27 | URL | コメント編集

●kapacyanさんへ

こんにちは~!
部屋の湿度が20%とは・・・本当に乾燥していますよね・・・。
乾燥の恐ろしさを身をもって感じました。
あの痒さは本当にストレスでしたね。

モイスチャライジング・ローションの情報、ありがとうございます☆
知らなかったですが、HPをみたら、本当に良さそう。
やっぱり皮膚科医が薦める商品だとなんとなく安心ですよね。
今度、試してみたいと思います。
毎日使うものだから、優れた商品で自分に合うものがいいですしね。

今度も乾燥対策、お互い気をつけましょう~!

Akiko | 2008年01月31日(木) 11:15 | URL | コメント編集

●Yumiへ

Yumiもイギリスの超硬水でお肌のトラブルがあったんだ。
やっぱり自分が生まれ育った土地でない異国では体も慣れるのに大変なんだろうね。
肌って、例え洋服で隠れるとしても、トラブルがあると気分も沈むよね。
しかも痒みがあったりすると、仕事中も落ち着かなくて・・・。
もう二度とあの思いはしたくないので、モイスチャライザーは必ずたっぷりつけているわ。
今は自分にベストな商品を探しているわ。ヴァセリンもいいよね♪
イギリスも乾燥しているし、お互い肌をいたわりましょうね~☆
Akiko | 2008年01月31日(木) 11:20 | URL | コメント編集

わかる!こっちに来てからお肌の乾燥が今まで以上に激しくて、ロスは更にすごいもんね!!(汗)
私もローションは欠かせへんよ!だけど、塗っても塗っても吸収されてしっとりしてくれへん・・・。(涙)
てっちゃんも凄い乾燥して、夜寝てる間も搔き毟って肌が可哀想な事になってるん。(涙)あれこれ試したけど全然治らなくて、イチークリームは副腎皮質ホルモンが入ってるから、毎日使わない方が良いっていう話やし・・・。

後が白くなるとかちょっと気になるけど、でもやっぱり良さそうやから使ってみようかな。
私は下のcetaphil使った事あるけど、結構良かったよ。でもやっぱり吸収されて何度も塗りまくってたけど。
これはお財布にも優しくて、気にせずたっぷり使えたよ~♪

良さそうなものは何でも試してみる!Akikoさん、ありがとう~v
たえ | 2008年02月02日(土) 05:30 | URL | コメント編集

●たえさんへ

やっぱり、たえさん夫婦も乾燥に悩まされてました?
日本では何もしなくてもOkだったので、甘く見てました。
今ではモイスチャライジング・ローションが生活の1部。
忘れたら恐ろしいって位にトラウマになってます。(笑)

お薬は副作用があったりするから、応急処置にはいいけど
ずっと使うのは危険だよね。薬以外で治せるようにしるのがいいよね。

モイスチャライジング・ローションは色々試して自分に合う物を見つけるしかないよね。
人それぞれ肌質も好みも違うからね。
今使っているローションはベタつかないという部分で私好みなんだけど
良く伸ばさないといけないのよ。このシリーズはUV入りだとか敏感肌用とか
超乾燥肌用とか色々と種類があるから、小さいのを1つ買って試してみて
好みだったら、大きいボトルを購入するのがいいかもね。

たえさんはcetaphil使った事あるのね。
そろそろ今使っているのがなくなりそうなので、購入予定です♪
お互い、自分にとってベストなローションが見つかるといいね☆
Akiko | 2008年02月02日(土) 11:37 | URL | コメント編集

こんにちは、
とても久しぶりに覗きにきました。そこで、コメントせずにはいられないこの情報!
今、私はシアトルにいますが、先月赤い痒みを同伴した恐ろしい発疹で、なんとERにまで行ってたのです。でも、お医者さんの一言。わからない。でもシリアスな問題とは思えない。この二言だけをもらって終わりでしたTT. それからなおひどくなり、まるで伝染病の何かではないかと思うほど広がり、皮膚科にまた行きましたら、わからない。と。でもあるのみ薬を処方してくれて、それでなんとかおさまっては行ったけど、1ヶ月も経った今でもまだ完治はせず、あっちこっちかいています。原因がわからないのが一番こわかったのですが、この記事をよんで、単に乾燥のせい?と思ってすごくがっかりしてます。^^;
お勧めしていた、Lubridermを以前から使ってはいましたが、私には足りないモイスチャで、べたついてもいいから、もっとうるおいを~~~と思うくらい。:)
もうちょっと早くこの記事を読んだら、あんなに心配しながらERにまで行くことはなかったのに、、と後悔しているところです。。相変わらずいつも良い情報、参考にしてます~
うるふくっきー | 2008年03月14日(金) 00:05 | URL | コメント編集

●うるふくっきーさんへ

コメント、ありがとうございます♪
うるふくっきーさんも、あの恐ろしい赤い痒みのある発疹を経験したんですね。
しかもERにまで!医者にも「わからない。」と言われて、さぞかしご心配だった事でしょう。
私の場合は最初、太ももに数個の赤い斑点が出て、何だろう・・・と思っていたら
それが全身に広がって・・・何かの伝染病か恐ろしい病気なんじゃないかと不安でした。
原因が分からないし、鏡に映る自分の醜い姿に悲しくなりました。
医者に「乾燥が原因」と言われて本当にホッとしました。
でも、薬で痒みが治まっても、1つ1つが結構大きい斑点だったので、跡が消えないんじゃないか・・・と恐怖で。今は全部綺麗に消えましたら、うるふくっきーさんもあまり心配なさらずに。
今はcetaphilを試しに使っているのですが、Lubridermよりも潤う感じがします。
でも、超乾燥肌の場合は、やっぱりベタついても油分が多い物の方がいいかもしれないです。
早く良くなることを祈っています!
akikola | 2008年03月14日(金) 11:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。