2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'02.13 (Wed)

TERIYAKI (テリヤキ)

ロサンゼルス では、「TERIYAKI」という看板を多く目にする。
スーパーでも様々なメーカーのテリヤキソースが販売されているし
既に「テリヤキ」という言葉も英語化している。


だが、日本の「照り焼き」とアメリカの「テリヤキ」は違う!

日本 の「照り焼き」はご存知の通り、醤油を基本とした甘みのあるタレを
食材に塗りながら焼く調理法。「照り」が重要。


アメリカ の「テリヤキ」は、出来合いのテリヤキソースに
ビーフやチキンを漬けて焼いたり、グリルしたビーフやチキンに
テリヤキソースをかけて頂くのが一般的。


市販のテリヤキソースは、日本人の感覚からすると甘過ぎたり
余分な香辛料が入っていたりすることが多く、日本の「照り焼き」とは程遠い。
また、「照り」も重要視されていない。

そんなテリヤキソースが生まれたきっかけは、
日本の醤油メーカー「キッコーマン」が
1957年に米国内初の醤油販売を開始した事にあるらしい。


0516.jpg

世界最大の市場、アメリカに逆襲をかける。

ある日本人セールスマンがサンフランシスコに送り込まれた。
小学校卒で英語が全くできない彼を支えたのは
地元の日系人セールスマン達。

だが・・・日系人だけでは需要は限られていた。
アメリカ人をターゲットに営業を開始したのだ。

しかし、営業は困難を極めた。

アメリカ人達は、醤油特有の臭いに鼻をつまみ、
これはバグジュース(昆虫の絞り汁)か。」と最低の評価。

セールスマン達はスーパーに頼み込み、醤油を置く棚を有料で借り切ったり
店頭での試食(肉を焼いて、醤油を垂らし、客に勧めたり)を試みたり・・・試行錯誤。
それでも、思うように売り上げが伸びない。

顧客を確保するには、レシピが必要だ。

日系2世のセールスマン、タム吉永は母親が作る和食
「魚の照り焼き」をヒントにアメリカ人の口に合う醤油ベースの
「テリヤキソース」を開発したのだ。


西海岸から始まった販売網は、次第に全米へ広がり、今に至っている。

現在でもアメリカで消費される醤油の殆どは
このテリヤキ調理法に費やされていて
純粋な和食に消費される醤油の割合は極めて少ないらしい。

こうして異国でも醤油が簡単に手に入る「今」の影には
日本人・日系人の並々ならぬ努力があったのだと知り
感謝の気持ちで一杯に。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  18:20 |  日系アメリカ人  |  TB(0)  |  CM(4)   このページの上へ

Comment

うんうん。こっちでTERIYAKIって、めっちゃ見る!
でも味が全然違うよな~。
今ではそのテリヤキを笑って許せるようになったけど。(爆)

それにしても、そんなテリヤキソースにこんな歴史があったとは・・・。
血と汗と涙の結晶だったのですね!!!
こんなに前から、実際はアメリカにその存在があったなんて、すごいね!

そんな中でヒントになったり、ベースとなるのは、やっぱり母の味なんや~v
なんか母の偉大さ・・・っていうのかな、それをビジネス面からも垣間見たわ☆
たえ | 2008年02月16日(土) 00:53 | URL | コメント編集

●テリヤキソース

今では当たり前「テリヤキソース」にも、日系アメリカ人の歴史があったんですね。

1957年に進出したキッコーマンだけではなく、アメリカ進出50周年を迎えたトヨタもきっと日系アメリカ人の貢献が大きかったのでしょう。
shinopan | 2008年02月17日(日) 08:31 | URL | コメント編集

●たえさんへ

OHでも「Teriyaki」をよく見かけるんですね!
でも、ホントに日本の「照り焼き」とは別物ですよね。
私も最初は「えっ?」って感じだったけど、今では慣れました。
ただ、やっぱり市販のテリヤキソースは甘いので、レストラン等でオーダーする事はないですけど。(笑)
でも、こうして醤油が簡単に手に入るのも、本当に日本人・日系人の努力があったおかげなんだなぁ~って改めて思いました。しかも日本人のお母さんの手料理がヒントになっていたなんて、ちょっと感動してしまいました。おふくろの味が活かされているんですね!
Akiko | 2008年02月18日(月) 03:51 | URL | コメント編集

●shinopanさんへ

テリヤキソースに日本人・日系人の影の努力があったと知って、
テリヤキソースに愛着が沸きましたね。
日本のお母さんの味「照り焼き」とは違うとしても、そこから生み出された商品だと思うと、こっと感動ですね。
確かにキッコーマンだけではなく、多くの日系企業のアメリカ進出、日本人社会の確立には、相当の努力が必要だったと思いますし、日系人の貢献も大きかったのだと思います。
Akiko | 2008年02月18日(月) 03:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。