2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'02.06 (Mon)

トイレ

アメリカの公衆トイレ は床から膝の高さ位まで開いている。

前のドアと横の壁部分が膝の高さ位まで開いているのだ。
よく知られている事実である。

わざとなのか、いい加減だからなのかは知らないが、
ドアと壁の間にもかなりの隙間があったりする事が多い。
ひどいトイレは外から見て誰かが中に居るかどうか直ぐ分かる程だ。

ある時トイレに入っていると下の隙間から子供の顔がっ!

ひぃぃ!!! 覗くんじゃないっ!

ある時はドアの横の隙間から子供の目がっ!

ひぃぃ!!! 覗くんじゃないっつーの!

子供に覗かれたのは2度だけだが、

落ち着かないっ!


もう1つ日本の公衆トイレと違う事が・・・

殆どの日本人女性は水を流しながら用を足す。
トイレには節水用に「音消し装置」(水の流れる音を流す)が
付いている所もかなり多い。

殆どのアメリカ人女性は「音消し」をしない。
「音消し装置」も見た事がない。
トイレは用を足す所だと言われればそうなのだが、
最初はかなり抵抗があった。

だが、慣れって恐ろしい。
そんなアメリカのトイレも今は平気。

<教訓>
アメリカのトイレは落ち着かない。(でも慣れる。)

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  03:56 |  生活 : 一般  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

Akikoさん、とても楽しみながら拝見させていただきました。同じネタでアタシも書きたいとず~~~っと思ってたんだですよi-175。やっぱり日本のトイレって落ち着くなぁと思う今日この頃です。
なぐもん | 2006年03月02日(木) 18:03 | URL | コメント編集

●なぐもんさんへ

こんにちは!コメント・トラックパック、ありがとうございました☆
アメリカのトイレは慣れるとはいえ、やっぱり日本のトイレの方が落ち着きますよね~☆
後ほど、なぐもんさんのブログにお邪魔させてもらいますね♪
Akiko in L.A. | 2006年03月03日(金) 05:18 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。