2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'07.11 (Sat)

無名のシンガー

大物有名人が集まったマイケル・ジャクソンの追悼式で
We Are the World」と「Heal the World」のリードボーカルを担当し
素晴らしい歌声を披露した無名のシンガーですが、何と母親は日本人

1093.jpg

Judith Hillというロサンゼルス生まれ/在住のシンガーで
母親は日本からの移民、父親はアフリカ系アメリカ人でミュージシャン。

ロンドンで開かれる予定だったマイケルのコンサートでの
バックアップボーカリストとの1人として採用されていたらしい。


↑追悼式での彼女のパフォーマンスが見られます。

黒人とアジア人の血が混じっている事は外見で分かっていたけれど
まさか日本人の血が流れているとは思いもしなかった。



マイケルが生存中にあるCMで流れていた
ジャクソン5の「I'll be there」のアカペラバージョン。

曲は知っていても誰が歌っているのか知らない事が多い私。
この曲も暫くの間、誰が歌っているのか分からなかった・・・。

でも、この曲がCMで流れると何故か涙が溢れそうになるくらい
心に深く響く物があって、何をしていてもいつも手を止めて聞き入っていた。



「I love you.(愛してる。)」と言われると、「I love you more.
(僕はもっと愛してるよ。)
」と返していたマイケル・・・。

追悼式のスピーチである人が言っていたけれど
マイケルと同じ時代を生きれた事に感謝している。
私も含め多くの人にとって、残りの人生の中で彼ほど才能ある
エンターテイナーに出会える事はもうないだろう・・・。

Thank you & rest in peace, Michael...

楽しんで頂けたらクリック↓お願いします!更新の励みになります♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  07:30 |  メディア:テレビ  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。