2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'07.25 (Fri)

映画 「P.S. I Love You」

2006年から「Netflix」にハマッている我が家。
平均して週に4~5本は映画を観ているのだ。

数週間前に観た「P.S. I Love YouP.S.アイラブユー」は
久々に心温まるラブ・ストーリー

0517.jpg

世界40ヶ国以上で出版され、多くの人が涙した小説を映画化。
アメリカでは昨年末に公開され、今年5月にはDVDがリリース。

Million Dollar Baby(ミリオンダラー・ベイビー)」で
アカデミー主演女優賞を受賞したヒラリー・スワンク主演の映画。

0519.jpg

基本はラブ・ストーリーなのだが、コメディーな要素もあり
ジャンル的には「ロマンテック・コメディー」。


最愛の夫、ジェリー(ジェラルド・バドラー)と
幸福な日々を過ごしていたホリー(ヒラリー・スワンク)。
突然襲いかかった最愛の夫ジェリーの死。
絶望に打ちひしがれるホリー。
そんなある日、誕生日に一通の手紙が届く。
その手紙の差出人は亡き夫・・・。

0518.jpg

これ以上はネタバレになってしまうので、書きません。

日本では今年10月に公開予定らしい。
最愛の人と一緒に観てほしい映画の1つ。
Edit |  17:26 |  メディア:映画  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2008'03.11 (Tue)

ドキュメンタリー「Sicko (シッコ)」

先月行われた第80回アカデミー賞の「ドキュメンタリー部門」で
ノミネートされたマイケル・ムーア監督の「Sicko(シッコ)」。
受賞は逃したものの、アメリカの医療保険制度問題を描いた話題作。

0568.jpg

「Sicko」はスラングで「病人」「精神異常者」という意味。

アメリカは医療技術、製薬開発では世界トップと言われている。
しかし、医療充実度は世界第37位。先進国の中では最下位。

先進国で唯一、「国民皆医療保険制度」がない国・・・
それがアメリカなのだ!

0571.jpg

アメリカでは、民間の医療保険に加入することが唯一の選択肢。
現状は、高額な掛け金の為、約5,000万人が無保険。


今回、「Sicko」でマイケル・ムーア監督が
焦点を当てたのは、無保険者ではない。
高額な民間医療保険に加入している2億5000万人の人達。

保険加入者でも、契約内容により適用されない医療費が数多くあり、
十分な医療を受けられない、あるいは医療費で自己破産、
最悪の場合は命を落とすケースも少なくない。


実際にアメリカでは年間約1万8000人が
必要な治療を受けられず命を落とすと言われている。


0567.jpg

■夫は心臓発作。妻は癌。医療保険に加入していたが
高額の自己負担額が払えず、家を売り、放浪する老夫婦。
■仕事中、手指2本を切断。高額な治療費の為、1本の指を断念する男性。
■入院費が支払えない患者を路上に放置する病院。
■病院をたらいまわしにされた末、命を落とした子供。
■交通事故で意識不明になった女性。救急車で病院に運ばれる。
保険会社は、事前に承諾のない救急車の搬送は認められないと支払を拒否。
■働き続ける高齢者。会社を辞めれば、福利厚生の一部である保険を失い
高額な薬代を払えない。医療保険維持の為、死ぬまで働かなければならないと言う。
■骨髄移植が必要な夫。幸運にもドナーが見つかったのに
なかなか保険会社から保険金がおりず、命を落とす。

0572.jpg
手指2本を切断した男性が受け取った医療費の見積もり。

ある医師の証言によると、保険会社では「治療は不要」と診断した医師には
「無駄な支出を減らした」という旨の奨励金が与えられ、
保険加入者には、ありとあらゆる理由を付けて、保険金支払いを拒否。


利益を優先する医療保険会社と製薬会社。
そして多額の政治献金で多くの政治家を取り込み、
「国民皆医療保険制度導入」が困難な状況が完璧に作られているそう。


マイケル・ムーア監督は吠える。
アメリカの医療制度はビョーキ(Sicko)だ!!

事実上、崩壊に瀕している状況のアメリカ医療制度。
医療費が無料(又はほぼ無料)のイギリス、フランス
カナダ、キューバの医療制度と比較。


0570.jpg 0569.jpg

作品の中でマイケル・ムーア監督は問いかける・・・
「よその国では当たり前のことが、何故、アメリカは出来ないのか?」 
「Do something! (行動を起こせ!)」
Edit |  17:40 |  メディア:映画  |  TB(0)  |  CM(4)   このページの上へ

2006'12.11 (Mon)

映画「The Holiday」

ダーリンの実家のお隣で撮影 があった映画「The Holiday」。
(「映画の撮影(前編)」「映画の撮影(後編) 」参照。)

キャスティングがキャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、
ケイト・ウィンスレット、ジャック・ブラックとかなり豪華。

0207.jpg

とうとう12/8に映画館で公開になりました。
日本 では来年3月に公開予定らしい。

お隣に撮影に現れたのはケイト・ウィンスレットとジャック・ブラック。
映画の内容からするとジャック・ブラックの自宅という設定なのか?
ダーリンの実家が微かに写っているかも?

ダーリンの実家の空き駐車場スペースに設置されたバスルーム。
そこにやってきたジャック・ブラックにばったり出くわした義母。
「変な人だった。」とのコメント。
義母が質問したら、質問とは全く関係ない返答だったらしい。
単に変わり者なのかドラッグ(麻薬)でもやっていたのかは不明だが
何かつかみ所のない不思議な存在だったらしい。

バスルーム設置だけで1日$500の謝礼。

撮影を許可したお隣さんは相当な額の謝礼を頂いたご様子。
撮影は2日間だったが、2日で軽く私の年収以上!
住んでいる世界が違いすぎる・・・。

今まで何度となく映画の撮影依頼を受けているダーリンの実家。
義母の「他人に家に入られるのは落ち着かない。」という理由で
一度も撮影許可をした事はない。
何とももったいない話である。

30年近く前に病気で亡くなったお父さんが建てたダーリンの実家。
「その家が映画としてずっとこの世に残るのは素晴らしい。
という周りの説得?に同意した義母。
次回もし大きい映画の撮影依頼が来たら
1度だけ受けてみようかという話になっている。

いつになるかは分からないが、楽しみである。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  09:25 |  メディア:映画  |  TB(0)  |  CM(14)   このページの上へ

2006'04.12 (Wed)

オンラインDVDレンタル

映画 好きのダーリンと私。

我が家ではオンラインDVDレンタルサービス を利用している。

オンラインで見たい映画を予約すると
自宅まで配達してくれるサービスである。

日本でも「TSUTAYA」などが同様のサービスを行っている。

ロサンゼルスでは「NETFLIX」と「BLOCKBUSTER」が良く知られている。

両方試した結果、我が家では「NETFLIX」を利用。
値段 は双方大して変わりはないのだが、
「NETLIX」の方が映画のセレクションが豊富。
「BLOCKBUSTER」だとかなり待たされる映画も
直ぐに配達可能の場合が多い。

用途に合わせていくつかプランがある。
我が家では1度に3本まで借りられるプラン
(一度に手元に置ける数が3本。)を利用。

配達料込みで月額$17.99

借りられる期間の設定もないから延滞料も発生しない。
月に何本までというルールもない。(つまり無制限。)


見た映画を返却すると次の映画を配達してくれるから、
直ぐに見て返却すれば月にかなりの本数を見る事が出来る。
それだけ1本あたりのレンタル料が安くなりお得。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  11:22 |  メディア:映画  |  TB(0)  |  CM(8)   このページの上へ

2006'02.05 (Sun)

映画/エリン・ブロコビッチ

私の大好きな映画のひとつ「エリン・ブロコビッチ」。

実話に基づいたサクセスストーリー。
既に観た人も多いと思うが、まだ観ていない人はぜひ!

たった今、我が家で購読している新聞 Los Angeles Timesを見たら、
この映画の題材となった汚染問題の記事が。

PG&E Will Pay Residents Who Sued Over Groundwater Pollution
In case made famous by 'Erin Brockovich' film, $295-million settlement includes apology.

訴えられたPG & E(Pacific Gas and Electric)が訴訟を起こした住人に
謝罪を含め、295,000,000ドルの支払いを決めたそうだ。

全文(英文)を読みたい人は こちら へ。

追加(2/5/06):
昨日に引き続き本日(2/5)のLos Angeles Timesにも記事が。

PG&E Accord Doesn't End the Suffering
Despite an apology and $295-million settlement, residents struggle to cope with cancer and chronic ailments linked to tainted groundwater.

全文(英文)を読みたい人は こちら へ。

テーマ : アメリカ生活 - ジャンル : 海外情報

Edit |  04:44 |  メディア:映画  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。